あるいはラノベを読む緋色

読んだラノベの感想を中心にしつつ、緋悠梨が気まぐれにいろいろ書いているブログです。※「何を言っているのか」は、俺のブログ上では誉め言葉です。

アキハバラ^デンパトウ【感想】

 皆さんこんばんわ、緋悠梨です。

まずはLNF復活、おめでとうございます!参加者の方々からいろいろと噂は伺ってたんですが、俺が関東圏の大学にいる間に復活するとは思ってもみなかったですね。これは参加するっきゃナイツ!(安直なパクリ)。というわけでインターンの報告会がかぶってなければ参加すると思います。ゲストに森田季節先生もいらっしゃるということですし、楽しみですね!!

 

さてそんな話をしつつ今回の作品を書いていこうと思います。今回はこちら。

 

アキハバラ∧デンパトウ (GA文庫)

アキハバラ∧デンパトウ (GA文庫)

 

 

「キミが、タカハシ、くん?」秋葉原にある「新東京多目的電波塔(アキハバラ電波塔)」に叔父(ヤクザ)の紹介で引っ越すことになった高橋(浪人)は、そこで「異世界の勇者」と出会う――。電波塔の最上階にあるマンションの住人は「異世界の勇者」と自称するマンガ家少女、ペンネをはじめ、着ぐるみの天才美少女、昭和文化オタクの女子大生、筋肉オヤジ等々、おかしな連中ばかり……。そこでチロ(千葉浪人)とあだ名をつけられた高橋だったが、彼は叔父から地上げのため、住人の秘密を探れという命令を受けていた……。藍上陸×れい亜が贈る、秋葉原のマンションを舞台とした、新感覚デンパ系コメディ!(Amazonより引用)

 

 

以下ネタバレあり注意です。

 

続きを読む

道ーMEN 北海道を喰いに来た乙女【感想】+与太話

『プリンセス・プリンシバル』のOPがくっそシャレオツ!!と一人で騒いでる緋悠梨ですこんばんわ。リア友で見てるのがひとりしかいない悲しみ。

閑話休題。今回はしばらく放置してたこちらの作品について書いていきたいと思います。最後に全く感想に関係ない与太話もあるYO!

 

 

 20XX年、北海道は独立国家となり日本との断交政策を実施。そんなある時、日本の工作員と思しき少女、早乙女めろんが捕縛される。北海道特殊機密部隊『道MEN』が対応に当たることになったのだが、彼女は自分の目的は破壊工作でも情報工作でもなく、ただ北の美食を堪能するために来たと言い張るのだった。道MENを率いる斉藤幸之助はなし崩し的に彼女の喰い倒れの旅をエスコートすることになるのだが、その最中、道内に潜伏していた千葉県の工作員から謎の襲撃を受ける。そして無数の思惑が絡み合い、最強と謳われる群馬県工作員までもが活動を開始する…。北海道メシ喰いまくりながらのアクション超大作、堂々始動!!

 

 

以下ネタバレ注意です。

 

続きを読む

好きラノ2017上半期投票用エントリ

あー1年の半分が終わってしまったしんどい!!ってなわけでこんばんわ、3日に21歳になりました緋悠梨です。先月25日のラノベハスラー聴いてくださった方、ありがとうございました。え、聴いていない? ほら、そこにUstreamへのリンクがあるじゃろ……?

Ustream.tv: ユーザー yumpp8anq18: 第90回「世界最強の人見知りと魔物が消えそうな黄昏迷宮 1. 冒険者世界も不景気です (MF文庫J)」ゲスト:緋悠梨さん, ほぼ週刊ラノベ時評「ラノベハスラー」. ラジオ...

 

ってな茶番はさておき、今回は好きラノ投票を兼ねた上半期おすすめ作品紹介です。いちせさん今回も主催ありがとうございます。前回とは打って変わって早めの投票を……と思って動きました、はい。

あ、シリーズとか新作は関係ないのでご了承ください。それでは投票へと……(以下、文章から敬語抜けてます。見逃してください)。

 

 

 

 ・りゅうおうのおしごと!

 【17上期ラノベ投票/9784797390094】

上半期ではこれが一番だろうと。「アツい」というテーマそのままに駆け抜けた素晴らしい1冊。まぁここで終わってもいいと言えばよさそうだけど、続きが出るようでよかった。ところで姉弟子の扱いをだな!! 6巻は通常版も限定版も姉弟子が表紙だし期待していい!?いいよね!!??

 

続きを読む

桜色のレプリカ【感想】

現在HJ文庫が1巻丸ごと試し読みとして公開している『桜色のレプリカ』を読ませていただきました。今回の感想は、いつも以上にネタバレ注意です。可能なら読み終わってから読んでくださいとお願いしたいレベルです。

 

続きを読む

世界最強の人見知りと魔物が消えそうな黄昏迷宮1 冒険者世界も不景気です【感想】

 どうもお久しぶりです、緋悠梨です。久々の感想記事と行きます。

 

迷宮の魔物を狩り、資源を得ることで発展した『冒険者の国』ローゼンガルド帝国。しかし、安価で手軽な蘇生魔法の開発、Lvに応じた適切な狩場案内。効率的な迷宮攻略は冒険者を激増させ、魔物を激減させた。魔物が枯渇すれば経済的破綻は間違いない。この危機に一人の新米騎士と3人の人間的にはダメすぎる天才が集められた!「ほんっとうに、このPT、なんで、こんなひとばっかりなんですかああああ!」新米騎士ティルムは、冒険者ギルド、商人組合、神殿連盟を代表する一方で人としては問題しかない3人の天才達をまとめあげ『人工迷宮計画』を成功させることが出来るのか?これは世界の危機に立ち向かうPTの、ダンジョンと日常の物語である。(Amazonより引用)

 

以下ネタバレ注意です。

 

続きを読む