あるいはラノベを読む緋色

読んだラノベの感想を中心にしつつ、緋悠梨が気まぐれにいろいろ書いているブログです。※「何を言っているのか」は、俺のブログ上では誉め言葉です。

【連動企画】クリスマスを一緒に過ごしたいラノベヒロイン特集

 

一日早いですがメリークリスマス。自分へのクリスマスプレゼントとしてPS4を買ってしまいました緋悠梨です、こんばんわ。「CODE VEIN」と「GOD EATER 3」の発売が楽しみで仕方ない。ついでに勢いあまってGE2RBも買ってしまいましたが、好きな作品だし是非もないよね!!……コミケの軍資金どうしよう……。

泣き言はさておき、今回はクリスマスに関連した内容をお届け。タイトルにある通り、「クリスマスを一緒に過ごしたいラノベヒロイン」を複数のラノベブログで紹介する連動企画です。夏鎖さん、お誘いありがとうございました!!

 

他の参加ブログへの記事リンクはこちらからどうぞ(※各記事更新後リンクを差し込みます)。

 (王女様に“さん”をつけると二重敬称なのでは疑惑)

 

続きを読む

個人的にオススメしたい「陰陽師」ライトノベル5選

 

お久しぶりです、緋悠梨です。今回は久々に企画記事。個人的に好きなジャンルである「陰陽師」についてとりあげていきたいと思います。母数自体少ないといえばそうなんですけどねー。もっとでないかな陰陽師と常々思ってます。

話は飛びますが、FGO1.5部3章「英霊剣豪七番勝負」にも陰陽師いましたね!キャスター・リンボ、真名は立ち絵を見たのちに消去法で当てました。陰陽師の家系で有名なのなんて限られますしね。これ以上はネタバレになるので割愛。……あ、それと『東京レイヴンズ』は読んでないです、すみません……読もうとしたらすでに巻数が結構出てて心がorz。 ……と、とりあえずいきます!ついでに、せっかくなのでモデルかなー?という人にも言及してみようかなと思ってますので、話半分に読んでいただけましたらありがたいです。

 

陰陽師ブームの起源 - Togetterまとめ ←一応参考までに。

 

少年陰陽師

少年陰陽師 異邦の影を探しだせ (角川ビーンズ文庫)

少年陰陽師 異邦の影を探しだせ (角川ビーンズ文庫)

 

「孫、言うなっ!」 13才の昌浩は希代の陰陽師安倍晴明の末の孫。素質は素晴らしいがまだまだ半人前の昌浩は相棒の物の怪"もっくん"と共に修行に励んでいる。そんな中、なんと内裏が炎上するという騒ぎがおこり……?

 モデルは安倍晴明の末孫、安倍奉親ですかね?天文権博士まで出世した人です。晴明以後は天文博士は安倍家が世襲したのでその流れとも言えますが……まぁさておきます。

毎回昌浩ぼっろぼろですよね。それでも彰子のために立ち上がる昌浩ほんとにかっこいい……。取り上げるなかでは唯一の女性向けラノベです。ですがこの作品、絶対男性ファンも多いですよね、俺もそうですし。玄武こっちみてー(おい)。

ところで、陰陽師モノは女性向けライトノベルで多い印象が。なぜですかね? あれか、占いとかがスピリチュアルだからか? ここら辺、ぜひ女性向けラノベ読者の方のご意見を伺いたいところです。既刊52巻

続きを読む

『冴えない彼女の育てかた』が完結してしまった....

冴えカノ最終巻を読み終わったこの想いをぶつける所がここしかないので……すいません語らせてください!!!! 今回は感想じゃないです。

1巻初版の発行が「平成24年7月24日」と記されているので、もう5年以上もこの作品を読み続けているんですね……。もうそんなになるのか。

続きを読む

アキハバラ^デンパトウ【感想】

 皆さんこんばんわ、緋悠梨です。

まずはLNF復活、おめでとうございます!参加者の方々からいろいろと噂は伺ってたんですが、俺が関東圏の大学にいる間に復活するとは思ってもみなかったですね。これは参加するっきゃナイツ!(安直なパクリ)。というわけでインターンの報告会がかぶってなければ参加すると思います。ゲストに森田季節先生もいらっしゃるということですし、楽しみですね!!

 

さてそんな話をしつつ今回の作品を書いていこうと思います。今回はこちら。

 

アキハバラ∧デンパトウ (GA文庫)

アキハバラ∧デンパトウ (GA文庫)

 

 

「キミが、タカハシ、くん?」秋葉原にある「新東京多目的電波塔(アキハバラ電波塔)」に叔父(ヤクザ)の紹介で引っ越すことになった高橋(浪人)は、そこで「異世界の勇者」と出会う――。電波塔の最上階にあるマンションの住人は「異世界の勇者」と自称するマンガ家少女、ペンネをはじめ、着ぐるみの天才美少女、昭和文化オタクの女子大生、筋肉オヤジ等々、おかしな連中ばかり……。そこでチロ(千葉浪人)とあだ名をつけられた高橋だったが、彼は叔父から地上げのため、住人の秘密を探れという命令を受けていた……。藍上陸×れい亜が贈る、秋葉原のマンションを舞台とした、新感覚デンパ系コメディ!(Amazonより引用)

 

 

以下ネタバレあり注意です。

 

続きを読む

道ーMEN 北海道を喰いに来た乙女【感想】+与太話

『プリンセス・プリンシバル』のOPがくっそシャレオツ!!と一人で騒いでる緋悠梨ですこんばんわ。リア友で見てるのがひとりしかいない悲しみ。

閑話休題。今回はしばらく放置してたこちらの作品について書いていきたいと思います。最後に全く感想に関係ない与太話もあるYO!

 

 

 20XX年、北海道は独立国家となり日本との断交政策を実施。そんなある時、日本の工作員と思しき少女、早乙女めろんが捕縛される。北海道特殊機密部隊『道MEN』が対応に当たることになったのだが、彼女は自分の目的は破壊工作でも情報工作でもなく、ただ北の美食を堪能するために来たと言い張るのだった。道MENを率いる斉藤幸之助はなし崩し的に彼女の喰い倒れの旅をエスコートすることになるのだが、その最中、道内に潜伏していた千葉県の工作員から謎の襲撃を受ける。そして無数の思惑が絡み合い、最強と謳われる群馬県工作員までもが活動を開始する…。北海道メシ喰いまくりながらのアクション超大作、堂々始動!!

 

 

以下ネタバレ注意です。

 

続きを読む