あるいはラノベを読む緋色

読んだラノベの感想を中心にしつつ、緋悠梨が気まぐれにいろいろ書いているブログです。※「何を言っているのか」は、俺のブログ上では誉め言葉です。

ぼくたちのリメイク4 「いってらっしゃい」【感想】

こんばんわ、緋悠梨です。今日はこちらの作品を。文が無茶苦茶ですが、読み終わってすぐのを叩きつけてるのですいません許してください。

 

ぼくたちのリメイク4 「いってらっしゃい」 (MF文庫J)

ぼくたちのリメイク4 「いってらっしゃい」 (MF文庫J)

 

 

貫之は筆を折り、大学を去った。僕、橋場恭也の誰かのための行動は誰かの進むべき道を捻じ曲げた。そして僕は、今度は十一年の時を飛ぶ。シノアキは絵を描くことを辞めていた。ナナコの夢が叶うことはなかった。再び元の年齢へと強制的に戻された僕には、存在しなかったはずの幸せな人生だけが残された。これが、僕が作り直した人生だった。再びゲームディレクターとして働く日々が始まった。同僚の河瀬川や仲間たちと共に毎日のように起きるトラブルを解決する。きっとこれで良いのだろうと呑み込んだ。

 そして彼女は、微笑み言った。

 「いってらっしゃい」

 

 

以下ネタバレ注意です。

 

続きを読む

裏方キャラの青木くんがラブコメを制すまで。【感想】

気温差が激しすぎて体調崩し気味の緋悠梨です、こんばんわ。皆さまも体調にはお気を付けください。

さて今回はライトノベル読書会終了後、書泉ブックタワー夏鎖さん某書店のラノベ担当さんのお二人からおすすめされまくったこの作品を取り上げてみたいと思います。

 

 理想の恋愛なんて、現実にはなりえない。日陰作家のぼくにできるのは、妄想満載の小説を書くことくらい。なのに―「私に恋を教えてください、先生!」そんなぼくを恋愛マスターと勘違いした、演劇部のヒロイン・綾瀬マイ。理想の恋愛を実現するため、綾瀬さんとのラブコメ研究が始まって、「恥ずかしい台詞とかあっても…頑張りますから!」あくまで演技指導だからね!?脇役未満の“裏方”から挑む、青春ラブコメ攻略論! 

 

 

以下ネタバレ注意です。

 

 

続きを読む

特殊性癖教室へようこそ【感想】

久しぶりの純粋な感想記事。こんばんは、緋悠梨です。
さて就活が始まってまして。毎日アクア様のチンパンジーみたいな声が喉から出そうになってますが、ひとまず頑張りたいと思います。あ、俺はエリス教徒ですのであしからず。

さてさて、本日はこちらを取り上げたいと思います。

特殊性癖教室へようこそ (角川スニーカー文庫)

特殊性癖教室へようこそ (角川スニーカー文庫)

新卒教師、伊藤が受け持ったクラスは特殊だった―白ギャルビ○チに盗撮魔、ヘンタイ発明家に露出女子、性癖はナイショの清楚系委員長など、20人の特殊性癖の持ち主が集まっていた。伊藤の役目は生徒を正しい道へと導くこと―ではなく、生徒の性癖を伸ばすこと!?アブノーマルな日常にも慣れてきたある日、掃除ロッカーから亀甲縛りの女の子が―第22回“秋”スニーカー大賞話題作。問題児たちが贈る性癖エロコメディ!


以下、ネタバレ注意です。

続きを読む

2017年下半期おすすめラノベ10選(好きラノ投票用エントリ)

あけましておめでとうございます。本年もこのブログをよろしくお願いいたします。今年は就活と卒論があるので、どの程度読めるかわからないですが、できるだけたくさん読めたらいいなと思います。それでは好きラノ投票へレッツラゴー。前回の記事との以外は、シリーズ途中の巻も含む点です。ややこしくてほんとすみません。

いつもの注意書き→前に紹介した作品との被りはありますすいません。あと順不同です。

 

続きを読む

2017年個人的おすすめ新作ラノベ7選

こんばんわ、緋悠梨です。もうすぐコミケの時期ですね!C89から冬コミは通しで参加してるんですけども、実際のところ体力がきつい……こんなところで体力低下を痛感しとうはなかった。体力的余裕があったらラノベ読み超会議行きたかったです……orz ら、来年の夏こそは……。

書き出しが毎回泣き言の気がしますが、それはさておきまして。今回は2017年に出た新作ラノベの中で、個人的に特に面白かった!というやつをピックアップして紹介させていただきたいと思います。ゆーて今月はいろいろと再読がはかどってしまった&年末進行のせいで、12月刊は全然読めてないんですよね……面白いのがあったら、書き換える可能性がありますと一応明記しておきます。あとこれまでの記事で取り上げた作品との被りはありますが、そこは気にしないでいただけますと幸いです(何度も見てるなと思った方、ほんとすいません……あと順不同です)。

2016おすすめの新作 - あるいはラノベを読む緋色 ←2016年おすすめ新作はこちら

 

続きを読む