読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるいはラノベを読む緋色

読んだラノベの感想を中心にしつつ、緋悠梨が気まぐれにいろいろ書いていこうと思います。

 今回はこの作品を。お口にとろけるベリーメロン♪ ……ビクトリームもなつけー。

 

29とJK2 ?大人はモテてもヒマがない? (GA文庫)

29とJK2 ?大人はモテてもヒマがない? (GA文庫)

 

 

29歳社畜・槍羽鋭二は二つの仕事を抱えている。一つは八王子営業チームの運営。もう一つは社長の孫娘・花恋と社長命令で交際すること。どちらも問題アリアリ。新たに異動してきた上司は狡猾なブラック野郎。そして花恋は槍羽にデレまくり、純粋で一途な恋心を向けてくる。有能な槍羽を自分の派閥に抱き込もうとする上司をかわし、可愛いJKの求恋を叱り飛ばして日々を乗り切る槍羽だが、「顧客情報漏洩」という会社の一大事が降りかかる。そして普段はクールな部下・綾からはセクハラ被害を相談されて――!? 29歳よ、仕事も恋も無双せよ! “禁断の"年の差ラブコメ第2弾! (Amazonより引用)

 

 

本書の帯に、自分が読書メーターに書いた感想の一部が載っております。使っていただけてうれしい限りです。

以下、ネタバレ要素あり注意。

 

 

相変わらず社会に出るのが怖くなる内容ですね。大学生の自分、あんな権謀術数渦巻く世界が現実にあるとは信じたくないと心の底から思う次第ですが……あるんだろうなぁ……やだなぁ。……という(大学生並感)な感想はさておき。今回は花恋の一次選考突破と機密情報漏洩などで相変わらず忙しそうな槍場です。諸々の状況と合わせて、こっちも胃がキリキリしてきそう。

 

今回は個人的に『対比』という単語を強く意識させられる内容だったなと思います。例えばですが、

・もの書きとしての過去の槍場と今の花恋

・壁にぶつかった花恋と綾

・出世欲の対立である百鬼目と槍場

書き出すときりがない気がしますが、これだけの要素を含んできれいにまとめ上げていたのに本当に驚きました。こんなに詰まってりゃ厚くなるのも納得です。

 

小ネタも小ネタで、槍場から一回り下の年齢層である自分もドストライクのネタばかりで。佐藤健と言ったら電王(野上良太郎)だしベリーメロンも歌ったし、庵野は……確かに帰ってきたウルトラマンだな!! (エヴァ見てない勢) というかネタの年齢層?とでもいうべきものが広すぎでは。多くの世代に刺さりそうですよね。

 

社畜部分も恋愛部分も両方楽しませてくれる本作、次も大変楽しみです。