あるいはラノベを読む緋色

読んだラノベの感想を中心にしつつ、緋悠梨が気まぐれにいろいろ書いていこうと思います。

2016おすすめの新作

気付いたらコミケ目前。もうこのブログは気が向いたときに更新するのが確定したような気分です。

昨日はラノベハスラーさんが特別放送でランキングをやってましたね。それをちょっとパクt……真似させていただき、個人的に面白かったやつで、(アサプラを除き)あんまり大きく取り上げられていない奴を少し書き出してみようかなーと思います。完全に俺の主観ですのであしからず。※順不同です。

 

 今年の新人賞受賞作品で読んだ中では一番の作品でした。内容は今更語るまでもなさそうだけども。ちょっと2巻が微妙だったけど、3&4巻で再び勢いづいてくれたので、今後も諸々(意味深)期待したいと思います。

 

 

 大体いつもの葉村先生の作品。様相は「俺と一乃の~」からあんまり変わってないんですが……それが好きで読んでるので俺にとっては好みの作品です。世界設定の緻密さに、どの作品も圧倒されるんですよね。その前に濃厚な厨二臭で読まれない方が多いのかなーという印象が……。

 

 

 何気に印象に残っている1冊。主人公がやれやれ系だーコピーだー、とかいう意見もちらっと見たような記憶がありますが、バトルを最後までちゃんと読めば、そのアツさと能力のうまい使い方にうならされる……はずです!!

 

 

異世界詐欺師のなんちゃって経営術 (角川スニーカー文庫)

異世界詐欺師のなんちゃって経営術 (角川スニーカー文庫)

 

 絵師買いした作品だったんですが、これが意外と面白かった。ヤシロの機転の利かせ方(やわらかーい表現)が好きです。言葉使うの上手くなりたい。

 

 最後はこちら。一番お勧めしたい作品にして、俺が今年唯一泣いたモノです。あらすじからは全く予想ができない、とても素晴らしい作品でした。軽いネタバレ気味な感想になるんですが、(以下反転)設定を貫き通した、ただただそのことがうれしくて悲しくて……しかも1回あげて落としやがってからにちきしょう!!いい構成してやがるよ!……って言いたいところですね。この作品に関しては「とにかく読んでください」としか言えないんですが、ホントに読んでほしい一作です。このラノアンケート終了ギリギリの発売だったのがホントに悔やまれる……。

 

 

 

……以上5作品ですね。短文で軽い感想を書いただけですが、興味を持って読んでいただけたなら幸いに思います。来年もたくさんの素晴らしいラノベに出会えることを期待してこの辺で。

それでは皆様、よいお年を。コミケに参加される方々、体調に気を付けてお互い頑張りましょう!

 

(このラノにコメントが採用された作品は、あれ以上のことは多分書けないので省いております。)