あるいはラノベを読む緋色

読んだラノベの感想を中心にしつつ、緋悠梨が気まぐれにいろいろ書いているブログです。※「何を言っているのか」は、俺のブログ上では誉め言葉です。

サブヒロインだって攻略されたい!\ルートがなくても愛してくれますか/【感想】

 こんばんわ、緋悠梨です。最近の地獄キャスの流れは何なんでしょうね……? そんな近況はさておき、今回はこちらの作品です。

 

「俺たちは———君を幸せにしにきたんだ」

サブヒロインだって攻略されたい! ルートがなくても愛してくれますか (MF文庫J)
 

サブヒロイン――それは、物語の中心となる少女ではなく、二番手三番手ヒロインの総称。今、エンタメ業界において“推しのサブヒロインが幸せになれないことによるユーザーの怨念”がウィルスとなり、さまざまな作品の関係者を蝕む怪奇事件が発生していた。解決方法は、作品の世界に飛んで報われないサブヒロインを幸せにするしかないという。超人気イケメン俳優でありながら、コアなオタクである主人公・佐藤セイヤは、その技術と趣味を見込まれ「サブヒロインを幸せにする」任務に就くことに!? 小悪魔だけど健気な後輩・真田莉瀬、気立てのいいギャル・池袋愛華――セイヤは彼女たちを攻略して幸せにできるか!?

 

 

評価 ★★★★★ 

 ロストヒロインウィルス。サブヒロインが報われないことでユーザーの怨念がたまり、いつしか作品の関係者を襲うようになっていた。救うにはそのサブヒロインを幸せにするしかない———まずこの設定でもう無理。好き。自分の好きなサブヒロインを幸せにするためなら怨念なんてすぐ出せますね。いや出すなよ。

でもラノベ読みであれば、誰しも「最終的に報われなさそうなサブヒロイン」を好きになった経験が、1度や2度はありますよねたぶん。……英梨々ーーー!!!!(即死)

 

 すいません取り乱しました。結論から言えば、とてもいいラブコメでした。「それぞれの理由により自分の恋愛から1歩引いてしまっているサブヒロインたちを、どうやって恋愛に向い合わせるか」というのがこの作品の本題です。真剣に悩んでる主人公は、行動がどこか面白くもかっこいいです。自分の介入で彼女たちの運命が変わってしまうことを「辛い」と言うシーンが、主人公のサブヒロインたちに対する思いが強く感じられる気がして、すごく好きでした。

 それを受ける彼女たちの想いの変化もしっかり描かれており、もうなんか言うことないです。ヒロインは可愛いんだよ当たり前だろ! そして彼女たちを救ったその後も、「そうなったらいいなぁ」と心の底から思えるような展開が用意されています。現実でも発生しないかなロストヒロインウィルス!!2巻も待ってます!!!

 

 作家の皆様、いつもメインヒロインだけでなくサブヒロインもしっかり可愛く書いてくださって本当にありがとうございます。今日も俺の好きなサブヒロインが可愛い!!……

 

 

 というわけで今回はこの辺で失礼いたします~ノシ