あるいはラノベを読む緋色

読んだラノベの感想を中心にしつつ、緋悠梨が気まぐれにいろいろ書いているブログです。※「何を言っているのか」は、俺のブログ上では誉め言葉です。

死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱くⅠ【感想】

こんばんわ、緋悠梨です。卒論辛いです。そんなことは置いといて今日はこちら。 

 

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4865543716

f:id:ge73hy:20180808002500j:plain

 (なんかリンクがうまく張れないのでいつもと形式違います。すいません)


銀の髪をなびかせ、漆黒の瞳を宿した少女は戦場を疾駆する。
漆黒の剣を携え、無邪気な笑みを湛えながら数多の敵を屠る少女の名はオリビア
幅広い知識と戦闘技術を、自らを死神と称する存在に叩き込まれた少女であった。
リビアが15歳を迎える日、死神は忽然と姿を消す。
手掛かりを求め、オリビアは王国軍の志願兵として戦火へと身を投じていくことを決意したのだった。
時は光陰歴九九八年。
王国は大陸に覇を唱える帝国に対し、苦戦を余儀なくされていた。
次第に苛烈さを増す戦場で、常識知らずの無垢な少女は〝最強の駒〟として、英雄の道を歩み出す――!

 

 

以下ネタバレ注意です。

 

性癖以外で好きなキャラの傾向っていう話。「主人公の近くで振り回されてため息をつく味方の真面目系キャラ」が結構好きなんですよ。今回で言えばオットーとかクラウディアとか。実にいいですね。もっとため息ついてほしい。

 

……っとまあキャラの話は置いといて、すごく面白かったです。ファンタジー戦記物としての完成度がすごい。ここら辺は夏鎖さんが詳しく書いてくれてるので、そっちを読んでもらった方がいいと思います(丸投げ)。

初っ端で死神が消えるんですよ。それ以降のストーリーに死神要素があまり絡んでこないので、正直「テーマブレてねぇかな?」と思う面はあったんですが、そんなことが気にならない程面白い。特に戦闘関係。手に汗握るアツさじゃないと俺は感じました。どちらかというと描写がうまい。オリビアの活躍の爽快感もさながら、彼女だけじゃなくて周りにも面白い人がたくさんいいる。軍師役好き。あと、個人的に裏で作戦却下されてるのがとてもよかった。戦場で兵がぶつかるだけじゃなくて、事前準備や兵站などの、戦争の裏の裏までしっかり描いてくれる作品は好きですよ。表紙買いしたわりに、期待を大きく上回ってくれたとてもいい作品でした。新人賞か……次も楽しみです。

 

ところで、「戦争での士官の死因の2割は部下の手によるもの」だそうですよ?グラン准将が言ってた。鋼錬のバスク・グラン准将。ソースが雑過ぎますね。

 

それでは今回はこの辺で失礼します~ノシ